ロスカットを回避する

 FXでの取引きを行っていると、ロスカットや強制決済というような言葉を聞いたり、もしくは、これに出逢ってしまったりすることがあると思います。

このロスカットは、本来は、FX取引を行う投資家を、致命的な損失から保護するための仕組みなのですが、多くの投資家がこのロスカットによって、リカバリーが効かないほどの損失を被ってしまい、結果的にFXから去るという決断をせざるを得ない状況に追い込まれています。

このロスカットを回避するためには、そもそもロスカットというものはどのようなものであり、どういう仕組みになっているのかを理解しておくことが必要になります。

ロスカットが投資家を守る仕組みという事は、先に少し出てきましたが、これはFXの取引形態そのものに関わってきます。
FX取引では、通貨に対して新規注文を立て、その通貨を保持して為替レートの変動を待ち、通貨に評価損益である含み益、含み損が生まれるのを待ち、決済注文をして保持していた通貨を解消して、利益や損失を確定していくことを繰り返していきます。

この時に生まれる評価損益は、原則的に無限であり、為替レートが変動し続ける間は、常に大きくなり続ける可能性があるのです。

こうした事により発生するかもしれない未曾有の大損失は、投資家にとって大きな損失になり、事実として、このロスカットが処理的に間に合わなかったために、たった一回の取引きの数分間で、それまで持っていた数百万円の資金をすべて失った上に、さらに一千万円以上の借金を背負ってしまったというような投資家もいるのです。

これを防ぐために、FX取引業者は顧客である投資家が預けている証拠金を元に、その証拠金に対しての通貨の含み損の額が、一定の割合に達した場合に、その通貨を強制的に決済し、損失をその時点で確定させることで、拡大を防ぐのです。

これにより、投資家は大きな損失を負い、投資資金を減らすことになるのですが、それ以上の損失を被ることを回避できるのです。
しかしながら、このロスカットを受けると投資資金が大きく減ってしまい、そこから再び利益を積み上げていくことは大変な作業で、多くの投資家が、ロスカットを受けることでFXから退場することになってしまうのです。

こうして考えると大変に恐ろしいロスカットですが、実はその回避は極めて簡単なことで、取引きの際に保持している通貨の含み損が、ロスカットが発動する証拠金の割合の額に当たらなければいいのです。

具体的な回避方法はいくつかあり、例えば預ける証拠金を増やすことで、ロスカットの発動する含み損額を引き上げることができますし、また、発動のラインに達する前に自らで損失で決済をする方法もあります。

また、取引業者から資金を借りて、投資額よりもはるかに大きな通貨を取引できるようにするレバレッジは、評価損益の変動幅を大きくすることで利益を増価させていますので、損失にレートが変動した場合には、損失も大きくなり、ロスカットの発動ラインに引っかかりやすくなります。
こうした事から、むやみに大きなレバレッジをしないという事も、充分な対策になるでしょう。

この他では、通貨を保持している時間が長ければ長いほど相場リスクは高まりますので、取引時間を短くするか、長期取引の場合は通貨量、レバレッジの大きさ、証拠金に余裕を持たせて取引きし、為替相場のチェックを欠かさないようにすることで、ロスカットを回避しやすくなります。