移動平均線の選択の仕方

fs798 海外FX、海外バイナリーオプションの口座開設をする前に基礎知識をつけておきましょう。FXにおけるチャートのテクニカル分析の基礎として移動平均線がありますが、実際に使用するとなると様々な周期の移動平均線を設定できることに戸惑うばかりで、仮に説明を聞いたとしてもどれが最適なのかが分からない方がほとんどだと思います。

移動平均線が何を表しているのかを理解しないままに、ただ漠然と他の多くの人も使っているからという理由だけで、他の方の使い方を参考にしながら同じ移動平均線を使ったとしても、それは正しい選択とはいえません。

何故ならトレードの方法が異なれば移動平均線の選択も異なってくるからです。

「HighLowOption.org」

トレードの方法が僅かでも異なれば、判断のための基準も違って当然です。単純に他の方のブログを参考にしても、その方のトレード方法に基づくものであり、移動平均線のみならず、一目均衡表、ボリンジャーバンドなどといった他のテクニカル分析も併用して複合的、総合的な分析を行なっている場合もあり、それらを含めて理解していなければ、そもそも参考にすることも難しいのです。また、移動平均線の使用方法にしても支持線、抵抗線の意味することも理解せずに使っていては、明確な判断基準も身につけることもできず、勝ち続けることは難しいということになります。

FXにおける移動平均線は非常に有益なツールなのですが、判断基準に沿った移動平均線を選択しなければ全く役に立たないテクニカル分析をすることになってしまいます。このような無駄な分析をしないためにも移動平均線を適切に選択する必要があります。

まず、自分自身のトレードスタイルが決まっていないと適切な移動平均線を選択することができません。選択の方法としてエントリーポイントを移動平均線とは異なる分析ツールで模索している方は、その分析ツールでのエントリーポイントのところで反応を表す移動平均線を選ぶという方法があります。

一例としては、エントリーポイントをCCIで模索している人であれば、CCIでのエントリーポイントとなる箇所にマーキングをし、当該マーキングをした箇所で反応を示す頻度が高い移動平均線を見つけ出すことがFXで利益を上げることに繋がると思います。

また、ただ単に相場の動向を掴むために移動平均線を使うことを考えている方には、20MA、45MA、90MAを使用することをお勧めします。短期の動向を20MAが、中期の動向を45MAが、そして長期の動向を90MAが表します。

FX初心者のおすすめとしても、適切な移動平均線の選択はとても大事なことであり、自分のトレード方法に沿ったものを選ぶ必要があります。そして、適切な選択がFXによるトレードで長く利益をあげて行くために必要なことでもあります。